Blue Mountain Eagle/ヘヴィ・サイケ・カントリー(?)な裏名盤



バッファロー・スプリングフィールドデューイ・マーティン(d)がザ・ニュー・バッファロー・スプリングフィールドを始動させようとした時、スティーヴン・スティルスニール・ヤングがバンド名の権利で訴訟を起こした為、断念。

その後マーティンはソロ活動を行う為、脱退。
残ったメンバーがジョーイ・ニューマン(元DON & THE GOODTIMES〜Touch)を誘い、Blue Mountain Eagle(ブルー・マウンテン・イーグル)と改名。


Blue Mountain Eagle

1970年にリリースした本アルバムはバンドの唯一作です。

バッファロー関連で語られることが多いので、内容もカントリーロックかと思いきや、バッファローmeetsヘヴィ・サイケな仕上がり。

演奏はかなり上手く、曲もポップでわかりやすい。
コーラスも美しく、バリバリ西海岸な感じです。

繊細な演奏にファズ・ギターが上乗せされていて、静と動のバランスが絶妙です。

このバンド、もっと活動を続けていれば、かなり売れたのではないか。
解散したのがもったいないです。

ここまで、「私詳しいでしょう」風に書いてきましたが、実は私、完全にジャケ買いでした。

ジャケットかっこいいなー!と某ユニオンで見つけて購入したのですが、ジャケと音が完全一致。

バッファロー・ミーツ・ファズサイケじゃないか!
と大喜び。

そりゃそうだ。
元バッファローの人が結成したんだから。

アナログで持ってたいと思ったのですが、こちらは高くて断念。

バンド解散後、ジョーイ・ニューマン(Key)はタッチ時代の盟友ジェフ・ホークスとハード・ロック・バンド、ステップソンを結成。

キングスメン〜ドン&グッドタイムス〜タッチ〜ブルー・マウンテン〜ステップソン
この流れも結構面白く要チェックなのです。

サブコンテンツ

Translate:

ヘヴィ・サイケ裏名盤

ソフト・サイケ裏名盤

このページの先頭へ