JOSEFUS「Dead Man」/テキサス・ヘヴィ・サイケ



テキサス州ヒューストン出身のヘヴィ・サイケ・バンド、
JOSEFUSが1970年にリリースした1stアルバム「Dead Man」です。
josefus1
JOSEFUS/Dead Man

私、このアルバム3回買い直しました。
2回程、売ってるんですけど。

演奏も粗いが音質もかなり粗く、正にヘヴィ・サイケな音です。
全体的にブルースを主体としたハード・ロックです。

1曲目の「Crazy Man」はシングル・バージョンの方がまとまっていて迫力ありますね。
こちらのバージョンもカッコいいですけど。

ストーンズのギミー・シェルターをカバーしてるのですが、歌が始まるまでカバーと気づきません。

このアルバムのハイライトはアルバム・タイトルにもなっている「Dead Man」ですね。

17分越えの長い曲なのですが、ダークでサイケな雰囲気はたまらんです。
ジャケットのイメージのままな曲です。

真ん中過ぎた辺りからファズまみれのギターが唸ってます。

 

この1stアルバムをリリースする以前、1969年にレコーディングしながらボツになった音源が「Get Off My Case」としてリリースされています。

josefus2
Get Off My Case

現在はこちらを1stと捉えることが多いようです。

70年には2ndアルバムをリリースしています。

Josefus

音質もクリアで前作より聴きやすくなってますが、メンバーは全く気に入ってないようです。

確かにサイケな面影はなくなり、アレンジも聴きやすくなってます。
私は結構好きですけど。

ボートラにシングル・バージョンの曲やライブ音源が収録されてます。

 

JOSEFUSは現在、再結成して頑張っています。
↓コチラは現在の活動を伝えるHPです。
http://www.jam280.com/josefus.html

サブコンテンツ

Translate:

ヘヴィ・サイケ裏名盤

ソフト・サイケ裏名盤

このページの先頭へ