P-MODEL「IN A MODEL ROOM」/80’s日本のテクノポップシーン



1980年にYMOの「ライディーン」が大ヒットし、日本中が一大テクノブームになる。
当然、私もYMOにハマり、そこから深く音楽を追求していくことになる。
当時、あのシーナ&ザ・ロケッツでさえもテクノバンドとして認識されていた。
それは79年12月に発売された「ユー・メイ・ドリーム」がYMOのサポートの元発売され、当時かなりヒットしたからだ。今聴くと全然テクノじゃないのだが。

テクノが社会現象になると、日本独自の表現方法「○○御三家」という方法論に則り、「プラスチックス」、「ヒカシュー」、「P-MODEL」がテクノ御三家と呼ばれるようになる。
当時の私の記憶ではYMOは別格として、その次にプラスチックス、次いでヒカシューあたりが一般的には知名度があったような気がする。P-MODELはあまり知名度がなかった。

実際、当時中学生だった私のクラスでもテクノは必聴だったが誰もP-MODELを知らなかった。
実は私もP-MODELを知ったのは偶然であった。

中学1年坊の頃、今でも音楽好きの間では絶大な人気を誇る、赤と黒で御馴染みの中古&輸入レコード店の関内店で私はいつものように中古レコードを漁っていた。
余談になるが、あのころ関内店は2階が中古、3階が輸入と2フロアあった(と記憶してるが定かではない)
金が無い私は専ら2階専門で、たまに3階にいる先輩音楽マニアの人達の高速でレコードを漁る姿を眺めては「かっこいいなぁ~」と憧れたものだ。

話は戻る。P-MODELだ。

日本のロック中古コーナーを物色していた私の目に一枚のレコードが飛び込んできた。
「囲碁?」と思わせる、黄色とピンクが鮮やかなレコードジャケット。
「なんかカッコいいジャケットだなぁ~」と思い、アーティスト名を見ると「P-MODEL」と書いてある。
どんな音楽なんだろうと思い帯の説明文を見ても、
「ロックを丸かじり、シャープな時代感覚とプラスティック・センスは音楽の流れを変える!」
としか書いてなくさっぱりわからない。でもジャケットがカッコいいので購入した。
「初・ジャケ買い」である。
それに値段も安かった。確か100円だった。


IN A MODEL ROOM

家に帰りさっそくてんとう虫のレコードプレイヤーで聴いてみる。(当時、私の家にはそれしかレコードを再生する機器がなかった!)
テクノ小僧だった私は喜んだ! だってピコピコしてるんですもの。
しかしYMOやプラスチックス程、ピコピコ度は高くないのでその後何ヶ月かは放置していた。
だた、あの頃は身銭を切ったレコードは何回も聴くという習慣があったので、また聴くようになる。何回か聴いてるうちにだんだんよくなってきた。
テクノとして聴くからイマイチなのであって、パンク/ニューウェイブとして聴けば自分の中での評価も変わる。そういえば当時のメンバーの衣装とか見ると確かにパンク/ニューウェイブの格好だ。

P-MODELとDEVOを替わりばんこで聴いているうちに「ギターってかっこいいな」と思うようになった。
テクノが好きで聴き始めた両バンドだが、ピコピコよりギターのかっこよさに気付いてしまい、しまいにはピコピコが邪魔になってきた。

完全にP-MODELにハマッてしまった私だが、楽曲やギターのかっこよさはもちろん、歌詞が一番印象に残った。

A面1曲目の「美術館で会った人だろ」なんてタイトルのつけ方のセンスの良さはバツグンだ。
勿論、詩の内容もバツグンで、解りやすい言葉で意味不明な内容はP-MODELの独自な世界観を創り出している。

B面5曲目の「MOMO色トリック」に「アホのリノでも見にくるぜ」とか「ユージさんにはわかるまい」という歌詞が出てくるのだが、当時は「誰?」って感じだった。
今は私も大人になって誰だか解っています。

B面3曲目の「偉大なる頭脳」は実はP-MODELの前身バンド「マンドレイク」時代の曲をアレンジしたものである。

マンドレイクは1973年に結成されたP-MODELのベース以外のメンバーが在籍していたヘヴィなプログレバンドで、当時はレコードリリースはなかったものの渋谷や吉祥寺を拠点にアンダーグランド・シーンではかなりの評価を得ていたようだ。

1997年に突然、マンドレイクの未発表音源がリリースされた。
「錯乱の扉」という曲は1973年に録音されたようでその内容は驚異的だ。
この曲の1節が、P-MODELの「偉大なる頭脳」に変身するのである。

当時はレコード化されていないだけで、実はとんでもないバンドが日本にたくさんいたんだろうなぁ。
海外のように当時未発表だったバンドの音源が現在CD化され陽の目を見れるようになると嬉しいのだが。

マンドレイクにしても、カテゴリー的にはプログレバンドに属していた四人囃子にしても、後期になるとテクノ/ニューウェイブなサウンドになるのがとても印象深い。
ムーン・ライダースの鈴木慶一氏が「ニューウェイブは分岐点だった」と発言しているが、70年代初頭から活動してたミュージシャンにとってはそれほど「パンク/ニューウェイブ」は衝撃的かつ脅威だったのだろう。

One Response to “P-MODEL「IN A MODEL ROOM」/80’s日本のテクノポップシーン”

  1. […] 
テクノ一辺倒ではなく歌メロとか演奏とかがとてもロックな仕上がりでして、その辺は
P-MODELに通じるかもしんない。
なんだろう、音がとんがってるっていうんですかね。
「スパ […]

サブコンテンツ

Translate:

ヘヴィ・サイケ裏名盤

ソフト・サイケ裏名盤

このページの先頭へ