J・ガールズ/黄色の世界



このサイトのタイトルや私が在籍するバンドの名前「黄色の世界」は、これからご紹介するJ・ガールズのとびっきりクールな曲からいただいたのですが、このJ・ガールズに関する情報が本当に少ないんですよ。なので私がネットや書籍から知った情報を書きたいと思います。
コアなファンなら知ってる内容かと思いますが、よかったらお付き合いを。

さてJ・ガールズは葉月しのぶ・ジュンさんの姉妹からなる姉妹デュオです。デビューシングルの「あなたが来ない日」(上記の写真)がコロムビアのデノンレーベルから69年3月にリリースした時点でしのぶさんが21歳、ジュンさんが19歳という若さ。
もともとこの姉妹はSKD(松竹歌劇団)出身で、何がしかの経緯で作曲家の三沢郷氏のプッシュでデビューすることとなる。

三沢郷さんは「サインはV」、「エースをねらえ! 」、「ジャングル黒べえ」、「デビルマン」などを手がけた作曲家。

このデビューシングル「あなたが来ない日」は、なんとも切ないメロディーを切々とクールな歌声とハモリで歌いあげているなかなかの佳曲。
jgirls

さていよいよ本題。

名曲「黄色の世界」は、ヒップなオルガン、グルーヴィなリズム隊、J・ガールズのクールな歌声が三位一体となったひたすら気持ちのいい曲です。それにタイトルもカッコいい。
途中でおっさんのスキャットが入るがこれも味がありなかなか良い。
この曲は出来ればヘッドホンで聴きたい。
出だしの「シュッシュシュシュシュシューシュ~」という部分が左右でユニゾンで流れてメインの歌が真ん中から聴こえるのだが、これが最高にたまらないんだな。

この曲は現代ではどんなにセンスが良いバンドがカバーしても、ここまでかっこよくはならないと思う。それは、現代には無い最高にヒップな時代の録音機材、空気、匂い、生活、文化などが真空パックされているからだ。

そして、こんなにヒップな曲が当時オクラ入りになったというのだから不思議だ。

キューティ・ポップ・コレクションの「サイケデリック・タウン・エディット」を監修した故・黒沢進氏が、マスターテープを聴きながら選曲していたときに発見したのがこの曲である。
録音日は69年の1月15日ということだから、恐らくデビュー曲の収録時に一緒に録音したのではないだろうか。

ライブでは「黄色の世界」を歌っていたそうだ。いったいどんなアレンジで演奏していたのだろうか。とても気になるところだ。ちなみにバックで演奏していたのがスウィング・ウエストだそうだ。

余談になるがスウィング・ウエストは堀威夫(ホリプロ社長)が57年に結成したロカビリーバンドでGS時代にはボーカルに湯原昌幸が参加していた。

J・ガールズはスウィング・ウエストのライブでもゲスト出演して「黄色の世界」を歌っていたそうだ。
となると本人達も結構気に入っていた楽曲なのではないか。
ライブでは他にもタートルズ「ハッピー・トゥギャザー」、セルジオ・メンデス&ブラジル66「ザ・ジョーカー」なども歌っていたそうで、これ音源残ってないのかなぁ。
J・ガールズ版の「ザ・ジョーカー」聴きてぇなぁ~。

さてさてJ・ガールズは当時ほとんど話題にならなかったようだ。
だが!海外では人気がある(現在)。

97年にイギリスのデラムから「Further In The Flight Entertainment」という世界中のラウンジ系音源を収録したアルバムが発売されたのだが、このアルバムに黄色の世界が収録されている。
You Tubeで日本語で「J・ガールズ 黄色の世界」と検索しても出てこないが、「J Girls Yellow World」で検索すると出てくるということは海外での評価の方が高いのでは。

結局J・ガールズは3枚のシングルを発表してそのまま消えてしまった。
もしかしたら名前を変えて活動していたかもしれないし、今でもソロで何がしかの活動をしているのかもしれないがそれは私の情報収集力の無さではわからない。

だが、それでいいのかもしれない。

「黄色の世界」という、日本の裏・超名曲を残したJ・ガールズという素晴らしい姉妹デュオがいたが情報が少ないという方が、この曲をさらにミステリアスな名曲に昇華させているのではないでしょうか。

J・ガールズ「黄色の世界」が聴けるアルバム


ニッポン・ガールズ~和製ポップス、ビート歌謡&ボサノバ

「黄色の世界」以外にもキューティポップコレクションで人気のある曲が網羅されているのでとてもオススメです。
他にも「イエイエ」、「バザズ天国」が超クールです!

1. ブラックルーム (黛ジュン)
2. シャロックNO. 1 (中尾ミエ)
3. ピーコック・ベイビー (大原麗子)
4. 好きさ好きさ好きさ (木の実ナナ&レオ・ビーツ)
5. 太陽は泣いている (いしだあゆみ)
6. イエイエ (朱里エイコ)
7. 渚の天使 (弘田三枝子)
8. 恋のバンバン (山本リンダ)
9. 黄色の世界 (J・ガールズ)
10. 好きよ愛して (渥美マリ)
11. わたしの祈り (小山ルミ)
12. こまっちゃうナ (山本リンダ)
13. バザズ天国 (ザ・キューピッツ)
14. 土曜の夜何かが起きる (黛ジュン)
15. 初恋のレター (小畑ミキ)
16. 雨あがりのサンバ (森山良子)
17. 太陽がこわいの (響かおる)
18. うわさの二人 (中尾ミエ)
19. 恋はハートで (泉アキ)
20. 天使のいたずら (エミー・ジャクソン)
21. 月影のランデブー (麻里圭子)
22. 逢えば好き好き (マーガレット 演奏/バニーズ)
23. 恋の歓び (吉永小百合 スクール・メイツ)
24. 風とオトコのコ (弘田三枝子)
25. にくいあいつ (野平ミカ)


GOOD NIGHT TOKYO

和製レア・グルーヴ満載のアルバム。ラウンジやソフトロック、ジャジーな曲までとても気持ちのいいアルバムです。
他のオススメとしてザ・モージョ(頭脳警察のパンタが一時在籍)の曲が最高にクール!

1. ヴィラ88(太田幸雄とハミング・バーズ)
2. プレイガール(メイン・テーマ)
3. ソー・ロング・ベイビー(ザ・モージョ)
4. ラヴァーズ・シェイク(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)
5. サイケな街(万里・れい子)
6. 土曜の夜に何が起ったか(石川晶)
7. 輝く星座(アクエリアス)(エル&ギムギン)
8. いつか何処かで(平山三紀)
9. アンド・ナウ・アイ・ノウ(伊東ゆかりとグリーン・ジンジャー)
10. アイ・キャン・ヒア・ユー・コーリング(デ・スーナーズ)
11. クレイジー・ミッドナイト(ザ・モージョ)
12. 渚の天使(弘田三枝子)
13. 黄色の世界(J・ガールズ)
14. ミニ・ミニ・ガール(金井克子)
15. ルイ・ルイ(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)
16. バイエル91番(ジュヌ・エトワール)
17. デイ・トリッパー(ブラック・パンサーズ)
18. 誘惑的な午後(いしだあゆみ)
19. 真夜中のボサ・ノバ(ヒデとロザンナ)
20. 恋の朝焼け(石川晶)


 

サブコンテンツ

Translate:

ヘヴィ・サイケ裏名盤

ソフト・サイケ裏名盤

このページの先頭へ