1960's~70'sサイケデリック・ロックのおすすめ裏名盤を適当にレビュー

世界中のサイケデリックロックの裏名盤をご紹介しています

’82年グレコ・ストラトキャスター・モデル

私が初めて購入したギターである。 1982年の中学もそろそろ卒業しようかという頃である。 当時、横浜モアーズに帝都無線という楽器屋があった。 値段は35,000円位だったと思う。定価は覚えていない。 ジミヘンに憧れてギタ […]

日本ロック大系/貴重な資料が満載!

何度、この本を読んだことか。 この本が出版されたのは1990年。それまで日本のロック、特に70年代初期の情報を得ることは本当に大変だった。 日本ロック大系〈上〉 現在ならネットでいくらでも調べることが可能だが、そのころは […]

じじいのひとりごと その1

60年代に音源を残しているバンドといえば、一大ブームを巻き起こした多くのGSバンドであろう。だけど、そのバンドの多くが不本意な形で音源を残しているのがほとんどであろう。 それは事務所やレコード会社の意向によりそうなったに […]

Ornette Coleman(オーネット・コールマン)/The Shape Of Jazz To Come(ジャズ来るべきもの)

私は前衛音楽というと、なんだか皆がてんでばらばらに演奏したり、メロディもリズムもあまりないモノを想像してしまい、ちょっと敷居が高い感じがしてしまう。フリージャズの元祖ということで、このオーネット・コールマンのリーダーアル […]

THE BIRDS/ロン・ウッド在籍の英・フリーク・ビート・バンド

ローリング・ストーンズのロン・ウッドのプロ・スタート・バンドであるTHE BIRDS(ザ・バーズ)は1964年にシングル・デビューした。(当時はロニー・ウッド) この時点でロン・ウッドは17歳という、なんとも早熟な少年だ […]

MAY BLITZ「MAY BLITZ&2nd Of May」/英ヘヴィ・ロックバンド、メイブリッツ

イギリスのヘヴィロック・バンドMAY BLITZ(メイ・ブリッツ)です。 元ジェフ・ベック・グループ(BECK-OLAに参加)のトニー・ニューマン(ds)が中心となり、カナダ人のレイド・ハドソン(b,vo)とジェームズ・ […]

SIR LORD BALTIMORE「Kingdom Come」/ゴリゴリ轟音、米ヘヴィ・ロック・トリオ

SIR LORD BALTIMORE(サー・ロード・バルチモア)は1969年に米・ニューヨークにて結成されたハードロック・トリオです。 メンバーは、ルイス・ダンブラ(g)、ゲイリー・ジャスティン(b)、ジョン・ガーナー( […]

CAN(カン)/反復するリズムが心地よいジャーマン・ロックバンド

ジャーマン・ロック(クラウト・ロック)界には不思議な音楽観を持つバンドが多い。普通のバンドの方が少ないのではないかと思ってしまう。 また、そんな音楽を受け入れる土壌がドイツにはある。 ドイツは昔からクラシック音楽がポピュ […]

PJハーヴェイ/初来日ライブは轟音の壁だった

1992年発売のデビューアルバム「DRY」はかなりの衝撃だった。 重く暗い雰囲気の曲に、クールなポーリー・ジーン・ハーヴェイの切ない声や、悲痛な叫び声がマッチして独特の音楽世界がそこにはあった。 ヴェルヴェット・アンダー […]

モップス「サイケデリック・サウンド・イン・ジャパン」/グループ・サウンズ?ガレージ・サイケ?

サイケデリック時代のモップスについてです。 ニューロック期のモップスも併せてお読み下さい。 もともとはアニマルズなどのR&Bを演奏していたバンドだったが、グループサウンズ全盛時代ということもあり、事務所(ホリプロ […]